top of page
Blue Background_edited.jpg

Corporate Research Blog

​ブログ

​投稿記事

Posted article

企業調査依頼はどこにするべき?企業調査依頼をする時のポイントも解説!

更新日:5月5日

会社の内部で不正の疑いがある場合、企業調査を依頼して不正をただすのは非常に重要です。


会社の金品を横領し、会社に損害を与えられている可能性も高いでしょう。


とはいえ、企業調査はどこに依頼するべきか分からない方も多いと思われます。

そこで今回の記事では、企業調査はどこにすればいいのかを解説いたします。


本記事を読んで頂くことで、企業調査をスムーズに依頼出来るようになるはずです。


【企業調査とは一体何?】


企業調査とは

企業調査とは、自社の社内で横領などの不正が行われていないかを調査することです。

もちろん自社の社員で内部調査をしてもいいですが、素人が調査するには限界があります。


そこで企業調査は、専門の業者に依頼するのが一般的なのです。

もし御社の社内で横領などの不正が疑われる場合は、次項でまとめた企業調査依頼の方法を詳しく見ていきましょう。


【企業調査依頼をする方法はこちら】


企業調査依頼をする方法

企業調査依頼をする方法として考えられるのは、以下の3つの方法です。


  • 企業調査を行っている探偵社に依頼する

  • 弁護士に依頼する

  • 自分で証拠を集めて警察に相談する


それぞれの方法の特徴などを、詳しく解説していきますね。


「企業調査を行っている探偵社に依頼する」


企業調査依頼をする方法の1つ目は、企業調査を行っている探偵社に依頼することです。

結論から言うと企業調査をスムーズに行いたいのであれば、こういった探偵社に依頼するのが最もおすすめです。


企業調査を行っている探偵に依頼するのがおすすめなのは、以下の理由になります。


  • 調査開始から報告までを全て丸投げできる

  • プロの方法で証拠を集めてくれる

  • 法的な知識が豊富なので、今後の対策が練りやすい


このように、企業調査を行っている探偵はプロの技術で完璧に企業調査を済ませてくれます。

もちろん多少の依頼料は必要ですが、それを鑑みても探偵社に依頼するメリットは大きいでしょう。


「弁護士に依頼する」


企業調査を依頼する方法の2つ目は、弁護士に依頼する方法です。

弁護士も法律のプロなので、企業調査をスムーズにこなしてくれます。


ただし弁護士の場合は、依頼料が極端に高額になる可能性もあるでしょう。

弁護士に依頼する際は、どの弁護士を選ぶのかも重要なポイントになってきます。


「自分で証拠を集めて警察に相談する」


企業調査は、自分で証拠を集めて警察に相談することも可能です。

ただし警察は、完全な証拠がなければ動いてくれません。


しかも横領している社員が証拠を隠滅してしまうリスクもあるので、素人が自分で警察に相談するには限界があるでしょう。


もちろん横領の疑いがある社員をマークしておくのは大切ですが、全てのことを自分だけで解決しようとすることはおすすめしません。


【企業調査依頼をする時のポイントとは?】


調査依頼をする時のポイント

企業調査依頼をする時には、いくつかのポイントがあります。

下記にまとめてみました。


  • 企業調査に慣れている業者に依頼する

  • 証拠集めを独自で行いながら企業調査依頼をする

  • 横領している可能性のある社員を問い詰めない


それぞれのポイントを、詳しく解説していきます。


「企業調査に慣れている業者に依頼する」


企業調査依頼をする際は、企業調査に慣れている業者に依頼しましょう。

例えば探偵社などの中には、企業調査に力を入れている業者もあります。


企業調査に慣れている業者に依頼することで、専門性の高い方法で証拠集めをしてくれるので、細かな社内の不正も暴き出しやすいでしょう。


また技術力が高いので、証拠隠滅されてしまう可能性もグッと減らせます。


どんな調査会社に依頼するのかは、企業調査を行う上でとても大切です。


「証拠集めを独自で行いながら企業調査依頼をする」


企業調査を依頼する際は、独自で証拠集めも行うことを意識しましょう。

全く証拠がない状態から横領の疑いをかけても、調査が難航してしまうだけです。


どんな証拠があるのかを、調査業者に開示できるだけの情報を多少は調べておくのも大切になります。


ただし絶対に証拠を集めていることが、当事者にバレないように注意して行いましょう。

証拠隠滅をされてしまう可能性も、高いです。

集めた証拠は、調査する業者に全て開示すれば調査の期間が短くなるメリットもあります。



「横領している可能性のある社員を問い詰めない」


企業調査をする際に、横領している可能性がある社員を問い詰めてはいけません。

正直に白状する可能性も低いですし、横領の証拠を隠滅する可能性もあります。


逆に反感を買ってしまうこともあるので、当事者を問い詰めることはプロの業者に任せるのがおすすめです。


【企業調査依頼はどこにするべき?のまとめ】


というわけで、今回は企業調査依頼はどこにすればいいのか?ということを詳しく解説してきました。


本文中でも記載しましたが、最もおすすめなのは企業調査に慣れている探偵社に依頼する方法です。


独自の調査技術を持っているので、質の高い企業調査結果が期待出来るでしょう。

疑わしい事実があるのであれば、早速探偵社に相談してみてください。


企業の調査ならカイマ探偵社で!


カイマ探偵社 お問い合わせ

Comments


bottom of page