top of page
Blue Background_edited.jpg

Corporate Research Blog

​ブログ

​投稿記事

Posted article

特別背任罪とは一体何?時効もあるのか専門家が解説!

更新日:5月5日

企業内部で起こる事件の1つに、特別背任罪があります。

日産の元会長であるカルロスゴーン氏が、特別背任罪の罪に問われたことは、記憶に新しい事件ですね。


そこで今回の記事では、特別背任罪についてや特別背任罪の時効について、徹底解説していきます。


本記事を読んで頂くことで、特別背任罪やその時効について徹底的に詳しくなれるでしょう。

特別背任罪の疑いを持った時の対処法もまとめているので、そちらも参考にしてみてください。


【背任罪とは?】

背任罪とは?

背任罪とは、以下の様に定義される罪です。


“他人の為に事務処理をする人物が自分や第三者の為に任務に背いて、本人に損害を与える行為”


会社のお金を自由に動かせる事務などの仕事をしている人が、本来の任務に背いて会社に損害を与えることをした場合は、背任罪に問われます。


会社の帳簿などに虚偽の記載をし、お金を流出させたり本来会社が受け取れるべき利益を減らしてしまうと背任罪ですね。

背任罪になると5年以下の懲役刑、または50万円以下の罰金刑が処されます。


【特別背任罪と背任罪は何が違うのか?】

特別背任罪と背任罪は何が違うのか


背任罪とよく似た罪に、「特別背任罪」があります。

特別背任罪は「背任をした人の役職」で罪名が異なるのです。


特別背任罪は会社法第960条1項で定められている罪で、「会社の取締役や支配人など、一定の地位にある役職の人が背任をする行為」と記されています。


背任罪は事務職などの一般の社員が会社に損害を与える罪ですが、特別背任罪になると会社の役員や経営者が不正をして会社に損害を与える罪なのです。


特別背任罪の場合は、犯行がバレにくく悪意が強いため10年以下の懲役刑または、1,000万円以下の罰金刑と背任罪よりも罰則が重くなります。


【背任罪の時効って?】

背任罪の時効って?

背任罪と特別背任罪では、時効も以下の様に異なります。


背任罪

5年

特別背任罪

10年

時効に関しても悪質性が高い特別背任罪の方が、長く設定されています。

特別背任罪は、それだけ罪が重い行為なのです。


【特別背任罪のよくある事例】

特別背任罪のよくある事例

特別背任罪には様々なパターンがあります。

よくある事例を簡単に挙げてみたので、見ていきましょう。


「銀行の頭取の倒産企業への融資」


銀行の頭取が実質的に倒産状態にある企業へ赤字補填の為の無担保融資などを行うと、特別背任罪に問われます。


恐らくこの頭取と融資先の企業には何らかの個人的つながりがあり無担保融資を行ったのでしょう。


しかし、回収出来ない可能性が高いこの融資は、会社に損害を与える行為ですね。


「上場企業の役員の虚偽記載」


上場企業の役員が虚偽の財務諸表を記載する行為も、特別背任罪に問われます。


架空の売上を財務諸表に記載し業績が良くなっているように見せかけると、会社の株価が上昇します。


その役員が株式を持っている状態であれば、会社に損害を与えつつ自分で利益を得ることに繋がりますね。

会社を私物化して損害を与えている行為とみなされ、特別背任罪に問われるのです。


「会社を私物化して外部に資金流出」


その他、会社の取締役などが会社を私物化して外部に資金流出させるケースも特別背任罪です。

このパターンは、日産の元会長であるカルロスゴーン氏の手口になります。


カルロスゴーン氏は日産の資金を知人の中東の実業家に、不正に流出させたとして特別背任容疑に問われたのです。


【特別背任罪が疑われた時に探偵社に相談するメリット】

特別背任罪が疑われた時に探偵社に相談するメリット

このように特別背任罪は、社会の中で度々起こっている可能性が高いです。


会社に損害を与える行為なので、徹底して取り締まりたいですが素人が調査しただけでは中々決定的な証拠を集めるのは難しいでしょう。


結論を言うと、特別背任罪の調査に強い探偵社に調査を任せるのがおすすめです。

どうして探偵社に任せるのがおすすめなのかを、まとめてみました。


「プロの情報網で細かく調査してくれる」

特別背任罪の調査を探偵社に依頼すると、プロの情報網で細かく調査してくれます。


素人では絶対に手に入らない情報も、独自ルートで入手してくれるため特別背任罪の証拠を掴みやすいでしょう。


「探偵社が全ての調査を請け負ってくれる」


特別背任罪の調査を探偵社に依頼すると、探偵社が全ての調査を請け負ってくれるのもメリットです。


社内で起こっている事件を自力で調査しようとすると、どうしても自分の時間を使って調査しなければいけません。


その点プロの探偵社に依頼すると、調査開始から終了までを全て一手で引き受けてくれるので時間を有効活用出来ます。


特別背任罪が疑われる場合は、まずカイマ探偵社などの特別背任罪に強い探偵社に依頼しましょう。


「法律に関する知識が高い」

特別背任罪の調査に強い探偵社は、会社法関連の法律にも抜群の知識量を持っています。

どの行為が罪になり、どこまでがセーフなのかをハッキリと知っているのです。


法律に触れる部分を短期間で見抜いてくれるので、調査も効率的に終わりやすいでしょう。


【特別背任罪とは?のまとめ】


今回は特別背任罪とは一体何なのか?を詳しく解説してきました。

特別背任罪が疑われるケースは、意外と身近で起こっているかもしれません。


自社の社内を再度見直して、不正が疑われる場合は早速探偵社に相談してみましょう。



Yorumlar


bottom of page