top of page
Blue Background_edited.jpg

Corporate Research Blog

​ブログ

​投稿記事

Posted article

採用調査とは一体何?採用調査でどんなことを調査するのか解説

更新日:5月5日

新しく従業員を採用するのに、どんな人材なのかを見抜くのは企業として重要なことです。

そんな時にしなければいけないのが、採用調査になります。


では一体、採用調査を行うとどんなことを知ることが出来るのでしょうか?

今回の記事では、採用調査について詳しく解説していきます。


記事を読んで頂くことで、採用調査がどれだけ重要なのかが徹底して分かるようになるはずです。


【採用調査とは一体何?】


採用調査

採用調査とは、今から自社で採用しようとしている人物が、どんな経歴を持った人なのかを調査することです。


「バックグラウンドチェック」や「リファレンスチェック」とも呼ばれますが、日本国内では採用調査という言葉を使うのが一般的です。


【採用調査ではどんなことを調査するのか?】


どんな調査?

採用調査では、主に以下の7つのことを調査します。


  • 学歴

  • 職歴

  • 勤務態度

  • 反社チェック

  • 破産歴

  • 民事訴訟歴

  • インターネットメディア調査


それぞれ、どんな内容なのか見ていきましょう。


「学歴」


採用調査では、学歴を調査します。


過去に卒業したとしている学校の卒業証明書の提出を求めたり、過去の職場に問い合わせをするなどして学歴詐称をしていないかどうかの調査が学歴調査です。


「職歴」


採用調査では、過去の職歴についても調査します。

以前勤めていた企業に電話で問い合わせをし、その人物が職歴詐称を行っていないかどうかの調査です。


役職を偽っていたり、勤務期間を偽っているケースも多いです。


「勤務態度」


採用調査では、過去の会社での勤務態度もチェックします。

電話やアンケートで調査を行い、真面目に働いてくれる人物かどうかを見分けます。


勤務態度調査は一般的に、リファレンスチェックと呼ばれる調査です。


「反社チェック」


反社と関わり合いがないかも、採用調査での調査項目です。

反社と関わり合いがあると、企業が損害を受けてしまうこともあるでしょう。


「破産歴」


採用調査では、破産歴についても調査します。

官報を調べれば破産歴が分かるので、事前に必ず調べておきます。


「民事訴訟歴」


民事訴訟歴も、採用調査では調べられます。

方法としては、調査企業が持っている独自のデータベースを使うことが殆どです。


「インターネットメディア調査」


採用調査ではインターネットやSNSでの投稿も、調査対象です。

応募している人物の名前を使って、ネット上の書き込みを調べます。


【採用調査とは一体何?のまとめ】


今回は採用調査とは一体何なのか?ということを詳しく解説してきました。

新しい従業員を採用する際に、採用調査を行いどんな人物なのかを見抜くのは大切です。


企業調査に長けた探偵社などに依頼し、制度の高い採用調査を行いましょう。


カイマ探偵社 お問い合わせ


Comments


bottom of page